震災廃棄物処理 地震災害対策と防災グッズ情報

震災廃棄物処理

震災廃棄物処理は、復興にあたって避けて通れないものです。

震災廃棄物処理が終わらないことには、復興ははじまりません。

倒壊した建物や家具など、廃棄物の種類は多岐にわたります。

廃棄物処理場が被災地にあれば、そこはまったく機能しないことになります。

震災廃棄物処理は、被災地から最も近い処理場で行うほかありません。

大規模な地震の場合、被災地が広範囲にわたります。

この場合の震災廃棄物処理は、近県の自治体が連携をとりあってやっていくしかないでしょう。

震災廃棄物処理のなかでも、これらの特別な処理法が必要なものは、最優先で行わなければなりません。

問題は、処理場が被害を免れ、すぐにでも稼動できる状態かどうかにあります。

震災復興が早くに行われる背景には、これらの震災廃棄物処理の問題もからんでくるのです。

危険物を扱っている場所では、それらを早期に撤去し、処理する必要性があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。