震災疎開 地震災害対策と防災グッズ情報

震災疎開

震災疎開とは、被災者が一時的に被災地から離れることをいいます。

大規模な地震の場合、すぐに復興作業にかかれるわけではありません。

余震などによる二次災害も考えられるので、それを避けるために震災疎開をする人もいます。

震災疎開の先は、多くの場合が近県の近しい親類です。

被災地からあまり遠くに離れてしまうと、災害の状況などが把握しづらいという心理があるようです。

震災疎開をした人は、復興作業が始まれば被災地に戻ってきます。

しかし家が全壊した高齢者の場合、不動産を処分して、震災疎開した先に定住する人もいます。

子供が小さい家庭であれば、母親と子供だけを震災疎開させるケースもあります。

復興作業に時間がかかることが見込まれるのであれば、これも一つの方法だといえるでしょう。

地震の規模が大きいほど、余震などの影響は大きくなります。

小さい子供を抱えての復興作業は、ほぼ無理であるといわざるをえません。

それならば、危険を避けるためにも、一時的に被災地を離れることも仕方ないといえるでしょう。

震災疎開は、被害者を増やさないためにも、有効な手段であると思われます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。