防災セット 地震災害対策と防災グッズ情報

防災セット

防災セットは、いざというときのために、用意しておきたいものです。

防災セットは大き目のリュックにしておきましょう。

リックだと両手が使えるのと、重さの感じ方が異なります。

防災セットは、1つにまとめると重くなります。

リュックで背負った方が、軽く感じます。

防災セットの中身は、定期的にチェックしましょう。

懐中電灯の電池はきれていないか、食品の賞味期限は大丈夫かなどです。

防災に備えても、いざというときに使えなければ意味がありません。

最低でも、半年に一度はチェックをしておきましょう。

賞味期限のきれた食品は、入れ替えておきます。

防災セットはあるものの、押入れの奥に置きっぱなしという家も少なくありません。

よく目に付く、すぐに取り出せるところに保管しておきましょう。

目に付くところに置いておけば、防災セットのチェックにも気づきやすくなります。

加えて、普段から目に付くところに置いておくことで、置き場所がわからなくなることもありません。

いざというときにスッと使えるようにしておくことが、防災セットでは最も大事なことです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。