耐震設計 地震災害対策と防災グッズ情報

耐震設計

耐震設計住宅は、阪神・淡路大震災以降、急速に開発や改良がされてきました。

現在でも各住宅メーカーでは改良が行われており、より地震に強い家がうたい文句になっているといってもいいでしょう。

耐震設計の基本は、地震の衝撃をどのように分散させるかにあります。

基礎をがっちり固め、その上にしっかりした骨組みを作ってしまうと、地面の衝撃が直接、建物に伝わることになります。

そのため耐震設計では、骨組みにある程度の柔軟性をもたせたり、基礎との間に緩衝材を入れることで衝撃を吸収・分散させるようにしています。

「柳に雪折れなし」と昔からいわれるように、柔軟性のあるものは圧力や衝撃を吸収します。

被災地の多くで全壊を免れた建物に、築数十年といった木造建築も多いといえます。

そのため、耐震設計とともに木造建築のよさが見直されています。

各地で多発する地震の影響もあり、新築物件では耐震設計が当たり前のようになされています。

高層マンションなどにも耐震設計は応用されており、もし大規模な地震が起きても被害が最小限ですむようにとの配慮もされています。

耐震設計の施された建物は、揺れを感じることも少なく、倒壊の危険性も少ないといえるでしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。