震災保険 地震災害対策と防災グッズ情報

震災保険

震災保険は、一般的に地震保険とも呼ばれます。

家を購入したとき、火災保険をかけておくのは一般的に行われています。

火災に遭えば保険があると思っている人も多いのですが、原因によっては補償が受けられないケースがあります。

このとき、自宅が全焼もしくは半焼した人の多くは「火災保険があるから」と思っていました。

ところが、地震が原因で起きた火災であるため、火災保険のみの加入者はわずかな補償しか受け取れませんでした。

この場合、震災保険に加入していないかぎり、補償は受けられません。

地震が火災につながっただけで、火災に至らないケースもあるからです。

阪神・淡路大震災の教訓から、震災保険の加入者は増加しています。

保険会社も、震災保険の重要性を提示することが多くなりました。

震災保険は、万が一のためのものです。

自動車保険と同様、加入はするけれど使わないですめば、それがベストであるといえます。

ただ、地震はいつ起こるかわかりません。

もしものときの備えに、震災保険と火災保険の両方に加入しておくほうがよいでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。